心はいつもどまんなか。by tadashian

健康のためノルディックウォーキングに励むシニア、如何にして就業寿命を伸ばすか考える日々そして世界情勢

オーストラリアが標的に

こんにちは、そして、こんばんは、ただっしゃん(@tadashian1)です。 当ブログにお立ち寄り頂き、誠にありがとうございます。

 

今年も残すところあと約二十日となりました。皆さん仕事やプライベートでやり残したことはないですか?

計画通りに進まなかった目標等があれば、この機会に整理整頓をし、今年中に出来ることは残さずに片付けてしまいましょうね。

12月に入ると何かと外食する機会が増えると思いますが、皆様におかれましては、出来る限り控えるよう心掛け、行くとしても少人数、短時間で行うよう感染防止の徹底していきましょうね。

また基本を再確認いただき、3密(流行語大賞)の回避、マスクの着用、手指消毒の徹底もしていきましょう。

最近、「コロナ慣れ」、「コロナ飽き」という言葉をよく目にします。仕事だけでなく私生活においても行動様式を変える必要があり、気持ちが追いつかない、自粛への疲れからか先の見えない状況にうんざりしてしまいます。

コロナは風邪みたいなもの、高齢者でなければ重篤化しないから大丈夫といった感覚になっていないでしょうか。
社会全体においても感染予防が徹底されているところと、少しこなれてきたと感じるところも出てきているように感じます。

北海道・東京・大阪の状況が心配ですが、感染は本人だけでなく周りの人にも大きな影響を及ぼします。これからインフルエンザも流行する季節になりますので、今一度気持ちを引き締めて感染予防対策の徹底してゆきたいものです。

 

前置きが長くなりました。本題は中国です。

 

今、中国の支配者層の方々が信じているのは、共産主義でも儒教でもないと思います。彼らは「孫子の兵法教徒」ではないかと思うわけです。孫子といえば、「兵は詭道なり」 つまり、「戦争は、だまし合い」。 でも、平和な時はだまし合わないのですよね?

中国の支配者層は「戦争は、武器を使う政治。政治は、武器を使わない戦争。」という感覚みたいですね。

だから、年中ウソついていますね。 (あっ、念のために・・・中国の一般の方々の話ではないですよ。あくまで、中国の支配者層のお話です。)

 

日本も、いろいろ被害にあっています。

・日本軍は、南京で30万人の民間人を大虐殺した

・日本軍は、韓国女性20万人を強制連行し性奴隷にした

・・・とか


今回は、オーストラリアがターゲットになってしまいました。

f:id:tadashian:20201209223543j:plain


 

~中国外務省報道官「フェイク画像」を使って豪を非難~

今オーストラリアで、問題になっていること。それは、オーストラリア軍が、アフガニスタンで民間人、捕虜39人を殺害したと言う事です。

 

www3.nhk.or.jp

オーストラリア軍は、アフガニスタンに派遣されていた兵士が、民間人や捕虜、合わせて39人の殺害に関わっていたことを公表し、軍の司令官がアフガニスタンの国民に謝罪しました。

オーストラリア軍は、2005年から2016年にかけて、アフガニスタンに派遣されていた兵士が民間人の殺害などに関わった疑いがあるとして、調査を行い、19日に会見を開いて結果を公表しました。

それによりますと、現役の兵士や元兵士、合わせて25人が民間人や捕虜、39人の殺害に関わり、なかには部下に対して、捕虜の射殺を強要したケースもあったということです。

オーストラリア軍の制服組トップのキャンベル司令官は「こうした行為は、われわれに助けを求めてきたアフガニスタンの人々の信頼を、ひどく裏切るものだ」と述べて、謝罪するとともに軍の再教育に全力を尽くすと強調しました。

 

オーストラリア軍が民間人、捕虜を39人殺害・・・

もちろん、これはやってはならないことです。でも、軍のトップは、隠蔽しませんでした。事実と認め、誠実に謝罪したことはとても立派な事ですね。

 

なんと、中国は、ここぞとばかりにこのスキャンダルを利用しました。

中国外務省の報道官:趙立堅(Zhao Lijian)(戦狼外交の切り込み隊長)が、ツイッターに以下の画像を投稿したのです。

news.yahoo.co.jp

 

これは一部修正されていて、肝心な部分が見えなくなっています。オーストラリア軍の兵士が、アフガニスタンの子供の喉に、血まみれのナイフを突きつけています。

でも、これ『加工画像』なんですよ!!つまり、中国が、オーストラリアの悪い噂をひろめるためにわざわざ作ったんですよ!!

 

president.jp

オーストラリア(豪州)のスコット・モリソン首相が11月30日、中国政府に抗議し、中国外務省の報道官がツイッターに投稿した画像の即時削除と謝罪を求めた。一国のトップが他国にこうした抗議を行い、謝罪を求めるのは異例である。

問題の画像は、豪州の兵士が国旗とみられる布を子供の頭にかぶせ、その喉元に血まみれのナイフを突き付けているように見える。英語で「怖がらないで。われわれは平和をもたらすためにやって来た」との文言も添えられている。

モリソン首相は記者会見で「画像はフェイクだ。偽造されたものだ」と明確に否定し、「非常に攻撃的だ。中国政府はこの投稿を恥じるべきだ。不快で侮辱的行いだ」と厳しく批判した。アメリカのツイッター社にも削除を求めた。

 

中国の趙立堅(Zhao Lijian)報道官が同日ツイッターに投稿したのは、豪軍兵士がアフガニスタンの子どもの喉に血まみれのナイフを突き付けている加工画像です。

これを見るにつけ激しい怒りが込み上げてきます。

モリソン首相は、中国政府の公式アカウントの一つからこのような投稿が行われたことについて、豪軍に対する「言語道断で胸の悪くなるような中傷」であり、「中国政府はこの投稿を心底恥じるべきだ」だと非難し、ツイッターにこの投稿を削除するよう求めました。

これに対して中国報道官はむしろ「固定ツイート」に変更して挑発してます。

 

オーストラリア国民が今感じている怒り、それは

・日本軍は、南京で30万人の民間人を大虐殺した

・日本軍は、韓国女性20万人を強制連行し性奴隷にした

中韓が主張するのを聞く日本国民の怒りと同じものではないでしょうか。

 

オーストラリア政府・国民の反中感情は、劇的に悪化するに違いありません。オーストラリアは、自国軍による民間人殺害を認め、謝罪しました。

その一方で、中国政府は、ウイグル人100万人を強制収容しています。

www.bbc.com

BBC NEWS JAPAN 2018年09月11日

中国政府が新疆ウイグル自治区ウイグル人を約100万人、テロ取り締まりを「口実」に拘束していると、国連は懸念を強めている。

国連人種差別撤廃委員会は8月末、最大100万人のウイグル人住民が刑事手続きのないまま、「再教育」を目的とした強制収容所に入れられているという指摘を報告した。

8月半ばにスイス・ジュネーブで開かれた同委員会の会合では、信頼できる報告をもとに中国政府が「ウイグル自治区を、大規模な収容キャンプのようにしてしまった」と委員たちが批判。これに対して中国政府は事実と異なると反発しているが、「宗教的過激派に染まった者」は「移住と再教育の支援を受ける」と珍しく認めた。

収容しているだけでなく、中国は「ウイグル民族絶滅政策」をしていることが明らかになっています。

 

www.newsweekjapan.jp

ニューズウィーク2020年7月8日付

<中国政府のウイグル人に対する産児制限は、国連の定めるジェノサイドの定義に該当する>

「達成目標 その1 子宮内避妊器具(IUD)を524人に装着。その2 不妊手術を1万4872人に実施」

これは新疆ウイグル自治区南部に位置する人口253万人のホータン(和田)地区の中心地ホータン市の2019年版家族計画書からの引用だ。隣のグマ県(人口32万2000人)も同年に5970人にIUDを装着し、8064人に不妊手術を実施するという数値目標を掲げている。

中国の少数民族ウイグル人が多く住むこの2地域の当局は、1年間に18~49歳の女性の14~34%に不妊手術を実施する目標を掲げた。人口に対する割合では、1998年から2018年までの20年間に中国全土で実施されたよりも多くの不妊手術が計画されたことになる。

新疆ウイグル自治区保健委員会の文書を見ると、ウイグル人が多数を占める南部全域で、2019年と20年にこうした計画が立てられたようだ。

中国西北部新疆ウイグル自治区では2017年以降、ウイグル人、カザフ人などテュルク系の少数民族が最大で180万人強制収容所に入れられた。これはホロコーストナチスユダヤ人大虐殺)以降では世界最大規模のマイノリティー排除の暴挙である。亡命ウイグル人らはこの動きを「文化的なジェノサイド(集団虐殺)」と呼ぶ。

 

情報社会の今、ナチスのように、「ガス室で殺す」なんてことはできません。

でも、中国共産党政権は、「ウイグル人女性が子供を産めない体にする」ことで、「民族絶滅政策」を実行しています。

孫のいる私からすると心が裂かれそうです。

中国は、自分のことを思い切り棚に上げて、オーストラリアを痛烈に非難しています。

これで、オーストラリアは、ますます反中になります。中国は、その戦狼外交で、アメリカ、インド、オーストラリアなどを敵にしています。

中立的だったヨーロッパも、ウイグルや香港問題で、徐々に反中になってきています。

 

・・・私は今の中国、どうみても自滅に向かっているとしか思えません。

 

ブログ読者の皆様が、健康でありますように!最後までお読みいただきありがとうございます。 ・・・心はいつもどまんなか。 by tadashian