歩く_草花_想う by tadashian

健康のためノルディックウォーキングに励むシニア、如何にして就業寿命を伸ばすか考える毎日と雑感

米大統領選、どっちが勝つんだか・・・

こんにちは、そして、こんばんは、ただっしゃん(@tadashian1)です。 当ブログにお立ち寄り頂き、誠にありがとうございます。

 

アメリカ合衆国の大統領選挙まで、あと1週間です。事前のアメリカの世論調査では、民主党ジョー・バイデン氏が優勢とのことです。

トランプ大統領新型コロナウイルスに対する対応のまずさに批判が集中していました。そして、トランプ大統領自身もコロナに罹患して、万事休すかなとも思われました。

f:id:tadashian:20201027220317j:plain

それに対して、トランプ陣営のオクトーバーサプライズは保守系タブロイド紙ニューヨーク・ポストが、ウクライナのエネルギー企業ブリスマ社の顧問バディム・ポザルスキー氏がジョー・バイデン氏の次男ハンター・バイデン氏宛てに送った電子メールを暴露した事です。

ハンター・バイデン氏の疑惑は中国やウクライナから多額の賄賂の授受の疑惑が取りざたされていますが、今回の暴露はかなり、闇が深いと言えます。

www.epochtimes.jpあ

米国の元ニューヨーク市長で弁護士のルディ・ジュリアーニ(Rudy Giuliani)氏は10月20日、米メディア「Newsmax TV」の取材に対して、大統領選の民主党候補ジョー・バイデン氏の息子、ハンター・バイデン氏と未成年女性の「非常に不快な写真」をデラウェア州警察当局に提供したと明らかにした。

ジュリアーニ氏はハンター・バイデン氏が使っていたノートパソコンを入手した。そのハードディスクに大量の通信記録と画像が保存されているという。

ジュリアーニ氏は、ハンター氏と兄の未亡人であるハリー・バイデン(Hallie Biden)氏は「長い間、恋人関係だった」と話した。

また、同氏はハードディスクに「大量の未成年女性の写真がある」と述べた。

ジュリアーニ氏によると、ハンター氏のノートパソコンに保存されているメモには、「中国共産党の幹部3人がある大物に送金している」と記されている。同氏は、「大物はジョー・バイデン氏に違いない」と指摘した。

ジュリアーニ氏は19日に、デラウェア州警察に証拠を提出したとしたという。

Newsmaxは、「ハンター・バイデン氏に関するハードディスク、ノートパソコン、関連資料を確認していないため、証拠の信ぴょう性について結論を出していない」と示した。

米議会の一部の民主党議員は19日、バイデン氏一家に関する一連のスキャンダル報道は、トランプ大統領に再選してほしいロシア側の陰謀だと批判した。

しかし、同日、ジョン・ラトクリフ(John Ratcliffe)国家情報長官は米フォックスニュースに対して、ハンター氏の電子メール問題は「ロシアの偽情報キャンペーンの一部である」との主張を支持する「情報はない」と語った。

フォックスニュース20日付は、司法当局関係者の話として、連邦捜査局(FBI)と司法省は、ラトクリフ国家情報長官と同じ見解であると伝えた。同関係者は、FBIが現在ハンター氏のノートパソコンを保管しているとした。

 前ニューヨーク市長で現在はトランプ大統領の個人弁護士でもあるジュリアーニ氏がなぜジョー・バイデン氏のPCのデータを入手したか詳細はわかりませんがしていて、いろいろと暴露しているのです。

そのなかで義理の姉(ハリー・バイデン氏)とは愛人関係で(いや、すでにこの時点でアウトでしょう)、彼女がハンター・バイデン氏のセラピストに対して、彼(ハンター・バイデン)は14歳の少女(それは自分の娘つまりハンター氏からすると姪・・・)との性的な不適切な関係があると訴えています。

そのメールや写真があるとジュリアーニ氏が暴露、警察に提出しています(このあたりもかなり陰謀めいていますが・・・)。SNSではこの写真、かなり出回っているらしいです。

でも主要なメディアはこのバイデン候補の息子のスキャンダルは証拠がないとして報道してないみたいですね。

いずれにしても、なんだか史上最悪の大統領選になりそうです。

そもそも、アメリカ大統領選は現職が強いと言われています。でも、それは好況時の場合です。コロナ不況のただ中でトランプ氏は経済では完璧、逆風です。でもそれをも吹っ飛ばすくらいのバイデンスキャンダル、逆転はなるのでしょうか。

勝敗のカギは、共和党民主党どちらに転ぶかわからない、13州のスイングステートの行方です。特に「ラストベルト」といわれる劣化した工業地帯・・・白人のブルーカラーの多い中西部、ウィスコンシンペンシルベニアオハイオを代表とする地域ですね。

また、選挙人の選出人数の多い、フロリダも要注目です。

バイデンスキャンダル、事実ならば大統領としての資質さえないと言えるのではないでしょうか。30年以上も前にジョー・バイデン氏が大統領選に出馬した経験があったと聞いています。この時は学歴詐称が発覚したとしています。

ホントにこんな方がアメリカの大統領になっていいんでしょうか?中国に弱みを握られっぱなしになるのではないでしょうか。

個人的には、消去法で、トランプ氏の再選のほうが望ましいと思います。あくまで消去法ですが・・・

 

www.tadashian.com

 

ブログ読者の皆様が、健康でありますように!最後までお読みいただきありがとうございます。 ・・・心はいつもどまんなか。 by tadashian