歩く_草花_想う by tadashian

健康のためノルディックウォーキングに励むシニア、如何にして就業寿命を伸ばすか考える毎日と雑感

ビルゲイツ氏_ビンゴ!

こんにちは、ただっしゃん(@tadashian1)です。

 

緊急事態宣言、解除されましたね。約3か月間のコロナ休暇...色々ありました。新しい生活様式のため、以前の日常にはもう戻れないのかもしれません。でも、勉強は貪欲に続けたいと思っています。(もちろん、ノルディックウォーキングも!)

私も仕事は6月から通常勤務になりそうです。ブログに掛ける時間が少なくなるかもしれませんが、なんとか続けたいと思っております。お付き合いの程、よろしくお願いいたします<(_ _)>

 

以前、コロナウイルスの発生陰謀論の予言小説書の存在の記事を書きました。コロナウイルスの発生、武漢ウイルス研究所発生陰謀論です。この異常事態、原因は、中国武漢で発生した「新型コロナウイルス」なのです。が、 アメリカ政府高官は、「武漢のウイルス研究所から流出した」と主張しています。最近は証拠不十分みたいで、トーンダウンしちゃってますね。これからどんな展開に持って行くのでしょう?

  

www.tadashian.com

 

でも、もっとすごいのがありました。すでにご存知の方も多いかと思いますが・・・

ビル・ゲイツ氏、2015年4月、TEDでのスピーチです。

彼は5年前、今回のパンデミックアウトブレイク)がおこることを予言していました。TED TALKにて講演した「The next outbreak? We’re not ready(もし次の疫病大流行(アウトブレイク)が来たら?私たちの準備はまだ出来ていない)」がまさに現在このパンデミックと重なっていると話題になっています。って今さらって感じでしょうけど。

 

www.youtube.com

2014年、エボラウイルスがアフリカ大陸で発生して蔓延した際に、近い将来に起こり得るであろう世界的パンデミックへの対抗策を今すぐに始めなきゃいけない!また、エボラウイルスは空気感染しなかったのは単なる偶然だよ。(だから、世界的な大流行はなかった)だから、いつ空気感染するウイルスがアウトブレイクするかという未知なことを理解しなければならない!と強調していたんですね。(びっくりです!!)

www.med.or.jp

f:id:tadashian:20200526220559j:plain

<a href="https://www.photo-ac.com/profile/2364584">毛並良好</a>さんによる<a href="https://www.photo-ac.com/">写真AC</a>からの写真

ビル・ゲイツ氏は言います。「子供の頃、私たちが一番恐れていた災害といえば、核戦争でした。」 「もし1000万人以上の人々が、次の数十年で亡くなる災害があるとすれば、それは戦争というよりは、むしろ感染性の高いウイルスの可能性がおおいにあります。」 そして、「今すぐパンデミックに備える必要があります」と力説してたんです。

わずか8分のスピーチで、起こり得ることと対策まですべて話していたんです。

ビル・ゲイツ氏の予言の的中率があまりに良すぎたために、陰謀論まで出る始末です。

 

japan.cnet.com

  先頃米国で実施されたある世論調査で、Microsoft共同創設者のBill Gates氏に関するある陰謀説が根深く浸透していることが明らかになった。これは新型コロナウイルスに関する偽情報や陰謀論との戦いが、同ウイルスによるパンデミック自体との戦いとほぼ同じくらい難しいものであることを示す証左と言える。 Gates氏が、これから開発されるCOVID-19ワクチンを利用して膨大な数の人々にマイクロチップを埋め込み、その動きを監視しようとしているという陰謀論が、特にFox News視聴者と共和党支持者の間で支持されていることが、ある調査で明らかになった。

 Yahoo Newsの依頼を受けてYouGovが1640人の米国成人を対象に実施した調査で、テレビのニュースは主にFox Newsを視聴していると回答した米国人の半数が、この陰謀論を信じていることが明らかになった。そう回答した人の割合が最も大きかったのがこのグループで、それに続いたのが自称共和党支持者で「2016年にはDonald Trump氏に投票した」と答えた人々(44%)だった。一方、共和党支持者の26%はこの陰謀論は嘘だと回答、また31%がわからないと回答した。

まあ、多分、大統領選絡みの陰謀論フェイクニュースっぽいみたいですけど、あまりに予言の的中の良さに嫉妬したのかなあ。皆さんはどのようにお考えでしょうか。

 

結果、ビル・ゲイツ氏の予言は当たってしまいました。日本では緊急事態宣言が解除されました。が、危険が去ったわけではありません。引き続き、注意を怠らず生活していきたいと思います。