歩く_草花_想う by tadashian

健康のためノルディックウォーキングに励むシニア、如何にして就業寿命を伸ばすか考える毎日と雑感

体温計も・・・そしてリスク対応

こんにちは、ただっしゃん(@tadashian1)です。


 先日より会社から出勤前に体温を測って出社するようにと通達がありました。(37.5度以上の場合は会社に連絡の上、出勤不可のようです。あまり出勤していないのですけど・・・)それで久々に体温計を取り出し、体温を測ろうとするけど液晶表示がでない。(汗)どうやら電池切れのようです。

f:id:tadashian:20200328221907j:plain

<a href="https://www.photo-ac.com/profile/803008">momo105</a>さんによる<a href="https://www.photo-ac.com/">写真AC</a>からの写真

 近くの電気店・コンビニ・スーパー・ドラッグストアに電池を買いに行くと、な、なんと、体温計用のボタン電池(型式LR-41)だけがない!!(他のボタン電池はあるのに)それと体温計も(でも婦人用の体温計はありましたけど・・・)ない!

 品薄はマスクそしてトイレットペーパーに続き体温計までも・・・

 

www.tadashian.com

 

 まあ、考えてみると多くの会社で出社前に体温を測るとなると体温計が品薄になるのはわからない事もないですけど・・・でもAmazonで体温計との電池を購入しました。在庫あったみたいです。(ほっと一安心)体温計はここだけの問題なのかもしれませんね。これを機会にマイ体温計を購入する人がいたのかもしれません。(私のような・・・)

 

オムロン 電子体温計 MC-687

オムロン 電子体温計 MC-687

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 

 

 あと、施設に入れている母親と春のお彼岸で父親と一緒にお墓参りに行こうとしたら、母親は施設から外出禁止とのことでした。父親と私とでマスクをしての雑談です。それも身内だから、会える事ができたそうです。後から聞いたことですが、ケアマネージャーは会う事も出来なかったそうです。

 母親と一緒にお墓参りにも行くことが出来ませんでした(泣)。完全に母親のような施設にいる認知症の高齢者は隔離状態なのです。

 問題は私自身です。3月は有給休暇消化でしのいだのですが、4月以降は休業手当でなんとかなりそうです。が、コロナウイルス感染症予防の休暇の延長が6月以降も長引けば、リストラの可能性も・・・現実味を帯びてくるかもしれません。退職者の再雇用者(契約社員)は真っ先にリストアップされるでしょうから。

 日本はここまではしてくれないかもしれませんし・・・

 安倍首相の今日の会見では長期戦も覚悟してとのことなので、自分の身の振りも考えなくてはいけなくなりそうです。

 シルバー人材センターでの仕事に少しづつシフトしなくては、いけなくなるかもしれません。こういう時こそいろいろなスキルが必要な時かもしれませんね。

 今更ながら人生にはリスクがつきものです。一般に私のようなオッサン世代の遭遇しそうなリスクは、いっぱいあります。倒産、リストラ、想定外の異動・転勤・転籍、熟年離婚、親の介護、病気・けが、親などの家族との死別、災害、詐欺・事故、市況変動による株・土地等の財産の目減り、などなど。

 リスクには大きく分けて二つ、あると思います。一つは予想・予測・準備ができること。もう一つは、予測できないことです。

 前もって予測して、予防策を考えたりして、何かしら準備をしておくためには、まだまだ皆さんのように元気で安定した収入があるうちに着手しておくことが大切だと思います。経営と同じで、人生もリスクマネジメントが必要かもしれませんね。

 今回のコロナショックは予測することが難しいと言えます。突然、人生の方向転換や変革を求められた時、多くの人は戸惑い、まるで未来が来なくなるのではという想いにかられると思います。

 私の住んでいる田舎の地方都市でもいろんなところで影響が出始めています。今までの何気ない普通の平和な日常がいかに大事なものだったか、ひしひしと感じる今日この頃です。

 

 ありきたりで申し訳ないのですが、人によって事態への対応の仕方は様々かもしれません。が、現実を受け止めて、それでも、それでも、前向きに未来を見出そうとすることが大切だと思います。その意識がリスクを小さくすると思いますので。