歩く_草花_想う by tadashian

健康のためノルディックウォーキングに励むシニア、如何にして就業寿命を伸ばすか考える毎日と雑感

「夢をかなえるゾウ」を読んで(その弐)

 こんにちは、tadashianです。

 

***私の住んでいる地方都市のドラッグストアでさえも、マスクが無くなっていることに驚く、今日この頃です。***

 

今回、「夢をかなえるゾウ」を読んで、その2です。

 

夢をかなえるゾウ

夢をかなえるゾウ

  • 作者:水野敬也
  • 出版社/メーカー: ミズノオフィス
  • 発売日: 2013/04/23
  • メディア: Kindle
 

 

 www.tadashian.com

 

③食事を腹八分に抑える

これは自分に対して、要警告です。時々、いや、いつも食事を大目に取ろうとしています。外食で食べ放題メニューだったりしたらそれはもう、元を取ろうとして大食いしています。だから今は食べ放題にしないように・・・しています。根が卑しいのでしょう。40代後半から50代前半の私は見事なメタボでした。

今はノルディックウォーキングで標準体重・体型に戻っていますが、時々、ストレスでめちゃ食いしそうに...いや、してます。特に準夜勤で夜遅く帰宅したとき、疲れてへとへとで、台所にあるお菓子やおかず類を食べてしまいます。食べた後でそれはもう、後悔して凹んでいます。

 

f:id:tadashian:20200204220844p:plain

 

本文で、ガネーシャ

「ま、腹八分はささいなことに見えるかも分からんけど、これ、今日からやってみ。食べたいと思うても腹八分で必ずおさえるんや。そうやって自分を自分でコントロールすることが楽しめるようになったら、生活変わってくるで」

まったく、その通りだと思います。私たちの遠い祖先は飢餓と隣り合わせの生活をしていました。その遺伝子を引き継いだ状態で、この飽食時代の真っただ中います。食欲のコントロールすることはあまりに酷だと確かに思います。

でも、私たちは基本食べすぎかもしれません。過食は勿論よくありませんし、寝る直前の大食いは目覚めを悪くして、睡眠の質を低下させます。

だから食事は、健康のためにも、生活習慣病予防のためにも、量や質・カロリーのコントロールをしてゆきます。料理を作ってくれた人や素材になっている生き物に感謝しながら。

検索結果

ウェブ検索結果

okiresi.com › WORK

肥満(デブ)は貧困の象徴?何故低所得者は炭水化物ばかり ...

2019/10/10 - 肥満者の割合は男女とも低所得層のほうが高い傾向にあり、年収600万円以上の男性の肥満率は25.6%であるのに対し、年収200万円未満の低所得者38.8%と13.2ポイントの差がある」 (「平成26年国民健康・栄養調査」の要旨). オキレジ.
 

(注)まったく矛盾していますが、私はふくよかな人、好きです。

 

④人が欲しがっているものを先取りする。

これはビジネスについてです。ガネーシャ

「ざっくり言うとな、稼ぎいうんは、どれだけ他人の欲を満たせとるか、それがそのまま表れとるんや。腹が減った、眠い、遊びたい、気持ちよくなりたい・・・人にはそういう欲があるわな。その欲を快適に満たして、その対価としてお金もらうんが今の世の中では『ビジネス』て呼ばれてんねや」

人にはどんな欲があって、何を望んでいるのか見抜ける人や、今の世の中の人は何を求めているか、がわかる人がビジネスで成功するのでしょうね。

本文では自動車の育ての親「ヘンリー・フォード」に言及しています。

「人はな、わざわざ『〇〇が欲しい』なんて教えてくれへんのや。人が何を欲しがっているかこっちが考えて、予想して、提案していかなあかんのや。人の欲望を満たす、いうんはそれくらい難しいことなんやで。そのことをフォードくんは誰より理解してたんや。人間には、もっと速う快適に移動したいっちゅう欲がある。当時、みんなが考えていたんが『馬がもっと速く走ればいいのに』ちゅうことなんや。でもフォードくんは、人の欲を満たすには、より速く、より遠くまで走るには、馬ではなくて機械に走らせなあかんことが分かってたんや。だからフォードくんは、馬やなく、T型フォードを作ったんやで」

f:id:tadashian:20200204221028p:plain

 誰かに出会ったら「この人が欲しがっているものは何か?」を考えながら接します。そして欲しがっていること、求めていることをできるだけ与えるように心がけるようにします。日頃、自己中で自分のことしか考えていなかったので...。

皆が欲しがっているもの・・・、少し前なら、「マスク」だったのでしょうけど。

4G・5Gの先にある皆が欲しがっているもの・・・6G・・・単純すぎですね。